あなたの日常作業を手助けする仕事応援サイト

>

正確さこそがものを言う!職場でのミスを防ぐためには

小さなミスが、大きなロスに

単純で、習慣的な仕事であればあるほどミスが起こりやすくなるのはなぜでしょうか?
ミスが頻繁に起こってしまう原因は主に三つ考えられます。それぞれ確認していきましょう。

一つは人の行動プロセスによるものです。
私たちは何か行動をする際に、「認知」「判断」「行動」という過程をたどります。
これら三つのうち一つでも不十分だと、思い違いや勘違いを引き起こし、最終的にミスにつながります。
二つ目の原因は仕事で使う道具によるものです。
パソコンや電卓、ファイルなどの道具が壊れていたり、古かったりすると、作業に手間取り余計に時間がかかってしまいます。
結果、ケアレスミスや、納期遅れなどのトラブルを招く原因になります。
三つめは職場環境によるものです。
職場においてコミュニケーションが十分にとれていなかったり、整理整頓が徹底されていないと、非常に非効率的で閉鎖的な環境が形成され、ミスの温床となります。

ミスを検証し、適切に対処しよう

ミスを防止するためには、「ミスがどうして起こるのか」を論理的に検証し、原因に対して的確な対策をとることが重要です。
例えば、ミスが人の思い込みや勘違いによるものであるならば、業務の内容や指示を十分理解するよう注意することが必要となります。
閉鎖的な環境が原因でミスが多発するとしたら、見直しを習慣化したり、他の人に確認してもらうなどして、二重、三重のチェック構造を構築することで大幅な改善が見込めます。
他にも職場で用いる日用品を新しくしたり、パソコン・ソフトウェアのアップデートを行ったりすることでミスを減らすだけでなく、作業効率を上げることができます。

いずれにおいても、一見非効率であるとしてもミスへの対策に手間と時間をかけることがポイントです。
そして、万一ミスが起こってしまったら、重大なトラブルを回避するために、ミスが軽微であるうちにすぐ対処するよう徹底しましょう。