あなたの日常作業を手助けする仕事応援サイト

>

仕事の悩みはこれで解決!作業効率アップの秘訣

仕事に対する目的意識を持つ

日々のルーチンワークやタスクをこなす中でまず重要となるのは、「自分の仕事の目的は、一体何か」を常に念頭に置く、ということです。
こうした仕事の目的を理解しておくことで、
「今取り組んでいる作業をなくしたらどうなるか?」
「作業の方法を変えてみるとどうなるか?」
といった、自分の仕事に対する向き合い方に意識が向くようになります。
逆に目的を考えないまま仕事をしていると、どうしても普段の作業が漠然となってしまい、仕事に対する意欲が失われてしまいます。
そうした点からも、自分の作業が仕事の中でどういった意義をもつのかを考えるのは、とても重要なことなのです。

その際、最初に会社全体にとっての大きな目標は何かを考え、そこから自分のすべき仕事が何なのかを逆算して定めることがポイントです。
こうすることで、仕事の目的をより簡単に把握することができます。

早く作業をこなせる自分をイメージしよう

「自分は、仕事をするのが遅い…」「きっと今日も時間がかかってしまう…」
仕事をしている間、このように考えてしまっていないでしょうか?

実は、日常の作業が遅くなってしまう原因には、こうした単なる「思い込み」が関係していることが意外にも多いのです。
思い込みが強くなれば、当然仕事に対するモチベーションは下がりますし、やる気が出なくなればその分作業効率が落ちて、終えられる仕事も終わらなくなってしまいます。
こうした思い込みから抜け出すためにも、イメージトレーニングをして、自分に対してもっとポジティブになりましょう。

「自分はもっと早く仕事ができる!」
「自分は決められた時間内で終わらせられる!」

このように考えるだけでも、仕事に対する効率は飛躍的にアップします。
より「できる自分」のイメージを広げるために、同じ職場の同僚や上司などと話をし、アドバイスを受けたりするとよいでしょう。